別 名 伊東朝高館
所在地 静岡県伊東市和田
築城者 伊東朝高
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 佛光寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 伊東八郎左衛門朝高が居館を構えた場所とされ土地の伝承では日蓮聖人が病気を患った朝高のために祈祷を捧げたという話が残されている。伊東氏は代々通字として祐を用いているから朝高が一門かどうかは疑問だが土地の地頭だったとされる。伊東氏は藤原南家流工藤氏の分かれであり伊東祐隆が久須見荘を領有し、晩年には久須見入道と呼ばれていることから彼の隠棲地であったかもしれない。
 伊東市役所が建つ伊東氏館推定地を訪ねたときに居館跡の碑文に佛光寺境内も伊東一族の館跡と刻まれていたので訪ねてみた。境内を散策してみたが館跡を示す碑や案内板などはなかったと思う。
JR伊東線・伊豆急行「伊東」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2002/09/21