福島城
 
別 名 谷津館
所在地 静岡県賀茂郡河津町谷津
築城者 河津三郎祐泰
築城年 平安時代末期
廃城年 安元2年(1176)
現 状 河津八幡神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
河津八幡神社
 
 久しぶりに河津城に登り太平洋を眺めてみたくなった。河津駅で降り立ち最初に向かったのは、仇討で有名な曾我兄弟の父河津三郎祐泰の居館とされる河津八幡神社だった。祐泰は伊東祐親の嫡男として生まれたが、伊東氏を継がず河津に居住して地名を苗字とした。怪力無双で相撲が得意だったと伝わり、相撲の決まり手にある河津掛けにその名を残している。
 河津駅から歩いて10分ほどで河津八幡神社へ着いた。館之内という古い地名ぐらいしか残っていないが、昔は井戸があったらしい。鳥居の左右には曾我兄弟と父祐泰の銅像が並んでいた。綺麗な川と近代的な建物が少ない河津の街並みは慎ましく美しい。
 
伊豆急行「河津」下車 徒歩10分
 
2015/01/05 静岡県の中世城館跡