別 名
所在地 静岡県下田市三丁目
築城者 江戸幕府
築城年 寛永13年(1636)
廃城年 享保6年(1721)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 下田市指定史跡
評 価
 最初は須崎に遠見番所が設置されたが寛永13年(1636)に現在の場所に船改めの番所が設置されたという。
 娘が幼稚園を卒園し小学校へ入学するまでの期間を利用して下田へ旅行をした。自分が小さい頃に何度か下田へ旅行したことがあり、あの美しい風景を家族に見せてやりたいと思ったからだった。春休み期間の下田の街は人影もまばらでホテルの前に広がる入江も自分たちの家族しかいなかった。
 ホテルのある高台から下田海中水族館まで磯遊びをしながら歩いていると下田御番所の案内板を見つけた。案内板が高いところに設置されているため番所の解説文に目を通すことはできなかったので自宅に戻ってから画像を拡大して読んでみた。遺構がないことと現状が住宅地のために奥までは入っていないが南国らしくソテツが生えていた。ここから海岸を歩きつつ下田海中水族館を訪ねている。
伊豆急行線「伊豆急下田」下車 東海バス「下田海中水族館」行で「大浦口」下車 徒歩5分
下田御番所跡案内板
2009/04/03