福島城
 
別 名 蛭ヶ小島
所在地 静岡県伊豆の国市四日町
築城者 源頼朝
築城年 永暦元年(1160)
廃城年
現 状 公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 韮山駅から韮山城へ歩いているときに石碑と案内板を見つけた。平治の乱で敗れた源頼朝が配流された蛭ヶ島の石碑だった。伊豆へ来たときの頼朝は14歳。今なら中学生の年齢である。父義朝や兄たちのために読経を唱える日々を過ごしていたという。
 800年も昔のことで正確な場所はもうわからない。江戸時代に土地の代官江川氏の家臣飯田忠晶がここに石碑を建てたことで、推定地として現在に至っているに過ぎない。頼朝がここへ来たときにまさか武家政権の初代になるとは思わなかったろう。
 
伊豆箱根鉄道「韮山」下車 徒歩10分
 
2004/05/02 蛭ヶ島案内板