福島城
 
別 名 八牧城・平兼隆館
所在地 静岡県伊豆の国市韮山金谷
築城者 平兼隆
築城年 治承3年(1179)
廃城年 治承4年(1180)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 歴史が動く瞬間というのはとても劇的である。流人の身から兵を募り、人も運も味方につけて平家打倒を果たした源頼朝の偉業は山木館の襲撃から始まった。旧暦8月の夜、北条時政邸から出撃した武士たちは山木館へと駆ける。加藤次景廉が山木兼隆の首を刎ねたとき、歴史は大きく動いた。
 平家物語や源平盛衰記が好きだったので山木館襲撃の場面は胸を高鳴らせて読んだ。その現場を見ておきたいと思い、韮山城へ訪れたときに緩やかな坂道を登り館跡を訪ねた。庭先に兼隆館の石碑が建つだけで何も残ってはいないが、その場面を思い起こすとどうしても血沸き肉躍る気持ちとなる。
 
伊豆箱根鉄道「韮山」下車 伊豆箱根バス「江川邸」行で終点下車 徒歩10分
 
2004/05/02 日本城郭大系/新人物往来社