福島城
 
別 名 狩野氏館
所在地 静岡県伊豆市日向
築城者 狩野茂光
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 宅地・農地
遺 構 空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
空堀
 
 掲載されていた1枚の写真を頼りに歩き回った。狩野氏が居住した日向館を訪ねたときのことである。修善寺の農村風景も少しずつ宅地化の波が押し寄せ、日向館周辺の風景も大きく変わろうとしていた時期だった。ここを訪れる少し前までは路線バスがあったが、このときはもう廃止になっていた。路線バスがなくなるということは交通手段の主役が自家用車となるわけで、修善寺駅から日向館までの道は平日の午前中でも交通量が多く、あまり気分の良い時間とはならなかった。
 日向館付近では道路建設が行なわれていた。持参した地図とは道が大きく変わっている。何度も同じ道を往来して写真と同じ景色を探し求めたが簡単には見つけられなかった。背後に写る山のかたちと堀底にある農作業小屋をわずかな手がかりに歩き回り、ほとんどあきらめかけたとき写真と同じ構図の風景を見つけた。それは写真と同じ南側の空堀だった。今では日向館唯一の遺構だが、この場所を見つけたときの嬉しさは今も忘れられない。
 
伊豆箱根鉄道駿豆線「修善寺」下車 徒歩30分
 
2010/01/02 日本城郭大系/新人物往来社
ふるさと古城の旅/海馬出版