別 名 金鯱城・柳ヶ城・蓬左城
所在地 愛知県名古屋市中区本丸
築城者 徳川家康
築城年 慶長15年(1610)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 名城公園
遺 構 櫓・郭・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物 天守・門・御殿
史跡指定 国指定特別史跡
評 価
 関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康は江戸で幕府を開き名実共に天下人となった。要衝には天下普請の名のもとに巨大な城郭が築かれ一門や譜代の家臣が配置され外様大名の抑えとなった。尾張は豊臣恩顧の筆頭格であった福島正則の所領だった。正則が安芸広島へ加増移封された後は家康の四男松平忠吉が入るが忠吉は若くして亡くなり弟の徳川義直が47万石で入封する。それまで尾張の中心だった清須城は廃され若き日の織田信長が城主だった那古野城の跡地に新たな城が築かれた。天守台の石垣普請を加藤清正が受け持ち旧豊臣大名がその普請に名を連ねている。こうして完成した名古屋城は江戸時代を通じて御三家のひとつ尾張徳川家の居城となった。
西之丸正門 大手馬出 西之丸の石垣と水堀
二之丸跡 二之丸跡の鉄砲狭間 本丸跡の空堀と石垣
本丸跡の空堀 本丸跡の空堀 本丸跡の表二之門
本丸御殿の礎石 加藤肥後守刻印石垣 清正石
御深井丸 戌亥隅櫓 戌亥隅櫓の内部 御深井丸 鶴の首
 名古屋城へ訪れたのは母が亡くなったあとだった。葬式を済ませてからは少し落ち着きを取り戻し幼少の頃のことなどを思い出したりした。喪主なので忌引休暇が長く取得できたこともあり里帰りでもしてみようと思って遺影をカバンに入れ新幹線に乗った。名古屋城へは小さい頃によく来ていたが6歳までの記憶なのでほとんど消えかけていた。34年ぶりの名古屋城は初めて訪れる城と変わらなかったが緑青で彩られた緑色の屋根瓦は懐かしさを感じさせた。
 国宝だった天守は残念ながら空襲で焼け落ちた。市内で暮らしていた祖母はその瞬間を見ている。今は外観復元だが日本を代表する天守であることに代わりはない。その天守もとうとう木造復元されることになった。それが良いのか悪いのか名古屋市民ではないのでそれほど関心はないが、せっかく当時のまま再建するのであればエレベーターは必要ないと思う。仮に城へ入れたとしても木造復元された城の階段はとても急傾斜で健常者でも見て歩くのは大変である。簡単に上がったり下がったりできたのでは城の復元とは言えない。
 本当に久しぶりの訪問でじっくり見て回ったのは実質的に初めてだったが故郷の城は良いものだと思った。石垣の上で母の遺影を取り出して空堀を見せてやった。数は少なくなってしまったが今も鹿が草を食んでいる。低い建物ばかりだった名古屋の街も高層ビルが屹立し路面電車は廃止されナゴヤ球場もナゴヤドームにその座を譲ったが、空堀でのんびり暮らす鹿の姿は昭和40年代と同じ風景だった。
JR東海道新幹線・東海道本線・中央本線・関西本線・私鉄各線「名古屋」下車
名古屋市営バス「猪高車庫」行で「市役所」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・城郭と城下町/小学館
2008/05/28