福島城
 
別 名 金鯱城・柳ヶ城・蓬左城
所在地 愛知県名古屋市中区本丸
築城者 徳川家康
築城年 慶長15年(1610)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 名城公園
遺 構 櫓・郭・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物 天守・門・御殿
史跡指定 国指定特別史跡
備 考 日本100名城
評 価
本丸 天守
西之丸 正門 西之丸 水堀 本丸 空堀
本丸 空堀 本丸 石垣 本丸 表二之門
本丸 未申隅櫓 本丸 辰巳隅櫓 本丸 天守
御深井丸 戌亥隅櫓 清正石 加藤肥後守刻印石垣
 
 名古屋城に訪れたのは母が亡くなったあとだった。葬式を済ませてからは少し落ち着きを取り戻し、いろいろと思い出していた。喪主なので忌引休暇が長く取得できたこともあり、里帰りでもしてみようと思い遺影をカバンに入れて新幹線に乗った。
 小さい頃はよく遊びに来ていたが、6歳の頃だから記憶はほとんどない。それから実に34年ぶりの名古屋城だから、はじめて訪れる城とそれほど変わらなかった。ただ、天守の緑色をした屋根瓦は懐かしさを感じる。堀端の病院で僕は生まれたのだが、それから半世紀を経た現在もその病院が健在だったことを知り嬉しく思った。
 国宝だった天守は残念ながら空襲で焼け落ちた。市内で暮らしていた祖母はその瞬間を見ている。今は外観復元だが、日本を代表する天守であることに代わりはない。その天守もとうとう木造復元されることになった。それが良いのか悪いのかは、もう名古屋市民ではないのでそれほど関心はないが、せっかく当時のまま再建するのであればエレベーターは必要ないと思う。仮に城へ入れたとしても木造復元された城の階段はとても急傾斜で健常者でも見て歩くのは大変である。簡単に上がったり下がったりできたのでは城の復元とは言えない。
 本当に久しぶりの訪問でじっくり見て回ったのは実質的に初めてだったが故郷の城は良いものだと思った。石垣の上で母の遺影を取り出し空堀を見せてやった。数は少なくなってしまったが、今も鹿が草を食んでいる。昭和40年代と同じ風景だった。
 
JR新幹線・東海道本線・関西本線・名鉄・近鉄「名古屋」下車
名古屋市営バス「猪高車庫」行で「市役所」下車 徒歩5分
 
2008/05/28 日本城郭大系/新人物往来社
城郭と城下町/小学館