別 名 白帝城
所在地 愛知県犬山市犬山北古券
築城者 織田広近
築城年 文明元年(1469)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 国宝犬山城
遺 構 天守・郭・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物 門・櫓
史跡指定 国指定史跡
評 価
 木曽川に映えるこの美しい城は岩倉織田氏の命で織田広近がその原型を築いた。その後は織田信長の叔父信康が改修し木ノ下城に代わる居城としている。現存最古の可能性がある天守もこの時代に下層が築かれたとする説があるが、どの天守がいちばん古いかの論争はさておいて犬山城がもっとも古い天守を持つ城のひとつという事実は揺るぐことがない。関ヶ原の戦いでは西軍の石川貞清が守っていたが、味方の寝返りにより貞清は城を棄て本戦に参加した。徳川家康の股肱の臣だった平岩親吉が城主を務めた後は尾張徳川家の家老成瀬正成が城主となり、以後は一貫して成瀬氏が城主を務めた。天守は正成の時代には完成しており今もその勇姿を見せてくれている。
木曽川と犬山城 犬山の城下町 三の丸跡の碑
空堀 大手道 石垣
天守 天守内部 天守内部
本丸跡 鵜飼舟 天守からの眺望
 愛知県出身の自分だが犬山城へは行ったことがなかった。30余年ぶりに名鉄電車へ乗り犬山へ向かった。城下町はそれほど賑わっておらず、どこの地方都市にも見られるように閑散としている。昔はどの街も活気があって楽しかったという思いが強い。
 犬山城は天守と石垣以外にはそれほど遺構が残っていない。せっかくなので天守に上がってみたが眺望は素晴らしいものの当日は生憎の曇り空だった。それでも伊木山城や鵜沼城がとても近くに見えて中世の風景が垣間見えるような気がした。犬山城は近年まで個人所有の城だったこともあり国の史跡に指定されたのは2018年のことである。
 天守の中は古色蒼然としている。現存天守だから当たり前だが急な階段と頭をぶつけそうになるような梁がある。松本城や彦根城の階段ほど急だとは思わないが、やはり城というのは歩きづらいようにできている。天守の廻り縁へ出てみると案外高いことに気づく。この日は風が強く怖さを感じた。城を出たあとに木曽川べりを歩いた。遠くに見る犬山城は別名の白帝城という言葉がよく似合う。
名鉄犬山線「犬山」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・城郭と城下町/小学館
2008/05/28