別 名 龍城・龍燈山城
所在地 愛知県岡崎市康生町
築城者 西郷稠頼
築城年 享徳元年(1452)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 岡崎公園
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物 天守・櫓・門
史跡指定 岡崎市指定史跡
評 価
 徳川家康生誕の城である岡崎城は室町時代半ばに三河守護仁木氏の守護代西郷稠頼によって築かれた。松平信光が岡崎城を奪った後は同族間の争いを経て家康の祖父松平清康が城主となっている。森山崩れで松平広忠は家臣により殺害されると岡崎城は今川氏により支配された。永禄3年(1560)に今川義元が桶狭間の戦いで織田信長によもやの敗戦を喫すると松平元康が待望の岡崎城主に返り咲き、元康は今川家から独立し義元から一字拝領した元康の名と姓を改め徳川家康と名乗った。家康が浜松城へ移ると嫡男の徳川信康が岡崎城主となるが、信康は父家康に切腹を命じられ非業の生涯を終えた。母築山が武田氏に内通したとも信康の武勇を恐れた信長が家康に命じたともされているが、実際のところは信康に粗暴な面があり老臣たちと反目していたことが遠因だったとされている。
 豊臣秀吉が家康を関東へ移封させると田中吉政が入城した。東海道には他にも山内一豊、堀尾吉晴、中村一氏、福島正則といった秀吉子飼いの大名たちが配置され関東の家康を牽制していた。もっとも彼らは秀吉没後に草木が風に靡くかのように家康に加担している。吉政は築城と城下町造りの名人であり岡崎城の基盤はこの時代に整ったらしい。江戸時代は譜代の家臣の居城となり幕末まで続いた。
岡崎城 風呂谷曲輪跡 石垣
本丸跡の水堀 本丸跡の虎口 虎口の石垣
天守 本丸跡の清海堀 徳川家康像
持仏堂曲輪跡の空堀 持仏堂曲輪跡の土塁 隠居曲輪跡の水堀
 名古屋で生まれ育ったが三河地方は豊橋と蒲郡ぐらいしか行ったことがない。小学校の頃は夏休みになると日間賀島で遊ぶことが多く、釣りをしたり蟹を食べて感激した思い出がある。何となく遠出がしたくなり三重県へ日帰り旅行に出かけた。長島城と桑名城を訪ねたあとは名古屋へ戻ったが時間が余った。その後の予定は何も考えていなかったが、この日から3年前に寄ることができなかった岡崎城へ行くことにした。名鉄に乗り岡崎公園で降りてから歩いて5分もしないうちに岡崎城の天守が見えた。復興天守だが普段から天守の建つ城に訪れることが少ないので高揚感がある。
 岡崎城は樹木のおかげで天守があまりよく見えないと聞いていたが本当にその通りだった。それよりも本丸背後に掘られた清海堀がとても印象に残った。城跡らしさが残るのは本丸周辺に凝縮されており、二の丸は博物館や土産物売り場が並んでいる。朝から食事らしい食事をしていなかったので腹が減った。隠居曲輪を過ぎた場所にある茶店で食事をした。八丁味噌で煮込んだ牛モツの丼を食べたが、愛知県生まれの自分にはたまらなく懐かしい味覚だった。乙川を渡り遠景を撮影したが天守はやはり木に隠れていた。
名鉄名古屋本線「岡崎公園」下車 徒歩7分
日本城郭大系/新人物往来社・城郭と城下町/小学館
2017/06/02