別 名 今橋城・峯野城・歯雑城
所在地 愛知県豊橋市今橋町
築城者 牧野成時
築城年 永正2年(1505)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 豊橋公園
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 三河の要衝である吉田城は今川氏に属していた牧野成時によって築かれた。戦国時代は戸田氏や松平氏らが吉田城を奪い合い東海の太守今川義元が支配すると城代が置かれていた。桶狭間の戦いで今川家が衰退すると徳川家康が吉田城を奪取し酒井忠次を配置する。北条氏が滅び豊臣秀吉が天下を統一し家康は関東へ移封され吉田城には池田輝政が入った。輝政は関ヶ原の戦いの功により姫路城主となり吉田城は江戸時代を通じて親藩と譜代大名の居城となっている。
吉田城 水門跡 川手櫓跡の石垣
三の郭跡の石垣 三の郭跡の土塁 二の丸跡の虎口
裏御門跡の石垣 北御多門跡の石垣 本丸跡の鉄櫓
本丸跡の土橋 本丸跡の空堀と石垣 本丸跡の空堀
 日帰りで三重県の城を訪れたあとは名古屋に戻る列車に揺られながらどこへ向かうか考えていた。それほど悩むこともなく三河の城を訪れてみようという気持ちが固まり岡崎城から吉田城を訪ね歩いた。普段から中世城郭ばかり訪れているので近世城郭ならではの規模の大きな遺構が見たくなった。この日訪れた城はどれも石垣があり復元された建物があって新鮮だった。
 豊橋には小さい頃に何度も遊びに来ている。自分と同い年の幼馴なじみが豊橋に住んでいたこともありちょっと懐かしかった。往路は豊橋駅から歩いて豊橋公園を訪ねたが概ね20分ぐらいだったと思う。吉田城を豊川の向こう岸から眺めたくなり一度素通りして橋の上からその勇姿を見つめる。
 本丸西側の高い石垣は池田輝政時代に築かれた可能性が高いという。それが真実であれば貴重な豊臣期の姿を残す石垣となる。江戸時代に名古屋城が築かれたときの残石を使用して改修されているが、川手櫓の石垣などは綺麗に加工された完成期の石垣という感じがする。帰りは久しぶりに路面電車に乗った。僕が子どもの頃は名古屋市内や岐阜市内を所狭しと走り回っていたが今は全国的にも少なくなった。速度は出ないが本数は多く意外と快適だった。
豊橋鉄道東田本線「豊橋公園前」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・吉田城跡案内板
2017/06/02