別 名 柳の丸
所在地 愛知県名古屋市中区二の丸
築城者 今川氏親
築城年 大永年間(1521〜28)
廃城年 天正8年(1580)
現 状 名古屋城二の丸庭園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 少年時代の織田信長が城主となった那古野城は名古屋城の築城で失われている。現在の二の丸がその跡地とされ風化しかけた石碑と案内板が設置されている。それによれば尾張へ領土を拡大した今川氏親が築いたと記されている。織田信長の父信秀が計略を用いて奪い自らの居城としたが、新たな居城として古渡城を築くと幼い信長を那古野城主としている。信長の生誕地は勝幡城という説もあるが僕は那古野城ではないかと考えているし、何となくそうあってほしいと思っている。
 久しぶりに訪れた名古屋城を散策しているときに二の丸庭園で野点を楽しんだ。中学時代に茶道を習っていた懐かしさもあって静かに茶を喫した。庭園を歩いていると那古野城の石碑を見つけたが摩耗してほとんど読み取れない。土に埋もれた那古野城だが三の丸の発掘調査では堀跡が確認されている。
JR東海道新幹線・東海道本線・関西本線・私鉄各線「名古屋」下車
名古屋市営バス「猪高車庫」行で「市役所」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・那古野城跡案内板
2008/05/28