福島城
 
別 名
所在地 愛知県名古屋市緑区大高町丸根
築城者 織田信長
築城年 永禄2年(1559)
廃城年 永禄3年(1560)
現 状 山林
遺 構 郭・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
石碑
 
 大高城から丸根砦へ向かう。空は太陽が燦々と輝いていた。アスファルトの照り返しがきついせいか、丸根砦に着いたときには少しだけ目まいがしたほどだった。松平元康が攻め落とした丸根と鷲津の砦は同じ丘陵上にあるが、道が少し入り組んでいて遠く感じた。
 この日は本当に暑かった。風のない東海地方特有の蒸し暑さである。名古屋生まれの僕にとってこれこそが夏の暑さだと思う。東京へ越して来てからはそれほど暑いと感じないぐらいで、思えば昭和50年代の東京はずっと快適だったと思う。
 時間にしてちょうど昼下がりぐらいだったと思う。いちばん気温が上がる時間帯に訪れた丸根砦は思っていた以上に遺構があった。特に主郭を囲む横堀は見応えを感じた。ここで水分を補給し体力を回復させつつ鷲津砦へと向かう。
 
JR東海道本線「大高」下車 徒歩15分
 
2015/08/18 日本城郭大系/新人物往来社
丸根砦跡案内板