別 名
所在地 愛知県名古屋市緑区鳴海町砦
築城者 織田信長
築城年 永禄2年(1559)
廃城年 永禄3年(1560)
現 状 砦公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 善照寺砦は織田信長が鳴海城に対する備えとして築いた砦のひとつであり、永禄3年(1560)の桶狭間の戦いでは佐久間右衛門が守っていた。信長はこの砦に軍勢を集結させ戦場へ疾駆したという。
 真夏の桶狭間を歩いた。汗がしたたり落ち顔も腕も日焼けしていた。丸根砦と鷲津砦が落ちるのを織田信長は善照寺砦で見ている。今も見晴らしの良い高台にあるがカラフルな遊具が設置されて古戦場という雰囲気はしなかった。
名鉄名古屋本線「鳴海」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社
2015/08/18