別 名
所在地 愛知県名古屋市緑区鳴海町下中
築城者 織田信長
築城年 永禄2年(1559)
廃城年 永禄3年(1560)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 中島城は今川義元の重臣岡部元信が守る鳴海城に備えて織田信長が築かせた砦で梶川高秀が守りについた。馬揃えを行なった善照寺砦を出撃した織田信長は途中で中島城に寄っている。
 鳴海城周辺の城砦を訪ね歩き鳴海駅に戻る途中で中島城に立ち寄った。暑さの中を気力を振り絞りたどり着いた城跡は遺構こそないが、民家の庭先のような場所に石碑が建てられている。当時は海に突き出たような地形だったそうだが、今も川の合流地点にありその要害性はわかる。石碑は地主の厚意で門を開けて近づくことができるが、石碑があるだけで充実感が違うし何よりその配慮がとてもありがたく感じられた。
名鉄名古屋本線「鳴海」下車 徒歩10分
愛知の城/マイタウン
2015/08/18