福島城
 
別 名 安城城・森城
所在地 愛知県安城市安城町城堀
築城者 和田親平
築城年 永享12年(1440)
廃城年 永禄5年(1562)
現 状 大乗寺・八幡神社
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 安城市指定史跡
備 考
評 価
本丸 石碑
本丸 土塁 二の丸 水堀 土塁
 
 夏季休暇を取得して桶狭間古戦場を歩くことにした。5連休の最初の4日間は台風による雨となり、仕方なく最終日に新幹線に乗った。名古屋駅から戻るのではなく、三河安城駅で降りて手始めに安城市内の城を散策した。
 安祥城は織田氏と松平氏が激しい攻防を繰り広げた城である。安祥城主の織田信広が今川軍の捕虜となり、織田軍の捕虜となっていた松平竹千代と人質交換が行なわれたのは有名な話である。安祥城の遺構は寺院や公共施設の建設でそれほど残っていなかったが、じっくり歩いてみると土塁などが残りまずまず楽しめたと思う。
 
名鉄西尾線「南安城」下車 徒歩20分
 
2015/08/18 日本城郭大系/新人物往来社
安祥城跡案内板