別 名
所在地 愛知県名古屋市緑区大高町城山
築城者 花井備中守
築城年 永正年間(1504〜21)
廃城年 永禄3年(1560)
現 状 大高城址公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 徳川家康がまだ松平元康と名乗っていた時代に兵糧入れをしたことで名高い大高城は南北朝時代には存在していたという。戦国時代初期には土岐氏の家臣花井備中守が大高城に拠っていた。今川義元が上洛の大志を抱いた当時の大高城は家臣の鵜殿長照が守っていた。信長は鷲津と丸根に砦を築き大高城を包囲していたが、その囲みを破り元康は兵糧を届け入れたという。桶狭間の戦いで今川義元の戦死を確認した元康は兵を収めて岡崎城へ引き上げたが、この兵糧入れは広く知られ後々までも家康の自慢となった。
案内板 土塁 腰郭
本丸跡 本丸跡の土塁と空堀 本丸跡の土塁と空堀
 真夏の桶狭間を訪ね歩いた。最初は織田軍の城砦を廻るが大高駅からそれほど遠くない大高城へ歩くのも嫌になるほどの暑さだった。朝は曇り空だったが、大高城に着いたときには快晴となり容赦のない日差しが降り注いでいた。
 城跡は公園となっているが、特に整備されていることもなく古い土塁と空堀が残っている。それほど地形の起伏が見られるわけでなく徳川家康が名を高めた兵糧入れの城としてやや肩透かしだった。気温がさらに上がった炎天下の中を鷲津と丸根の砦を目指して歩いた。
JR東海道本線「大高」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・大高城跡案内板
2015/08/18