別 名 赤壁城・霞ヶ城・高森城
所在地 岐阜県中津川市苗木
築城者 遠山直廉
築城年 天文元年(1532)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 苗木城は前身にあたる高森山城が築かれた南北朝時代からほぼ一貫して遠山氏が居城としてきた希有な城である。武田勝頼の侵攻で苗木城は武田氏の手に落ちたがすぐに織田信忠が奪還している。この時期に遠山友忠は徳川家康を頼り浜松へ逃れているが、遠山氏が苗木城を離れた受難の時代はしばらく続く。森忠政が信濃へ移封され河尻直次が城主となった翌年に関ヶ原の戦いが起こるが、西軍に属した直次は大坂城へ出陣し関ヶ原で討死した。家康の命を受けた遠山友政は苗木城を攻め落とし、家康から領土を安堵され初代苗木藩主となった。
木曽川と苗木城 登山道入口 大手跡の石垣
大手道の石垣 大手道の石垣 駈門跡
三の丸の大矢倉跡 三の丸の大矢倉跡 三の丸跡の石垣
二の丸跡 本丸大門跡 本丸跡の石垣
本丸菱櫓門 天守台跡 本丸跡石垣と馬洗岩
御朱印蔵跡の石垣 風吹門跡 苗木城からの眺望
 恵那へ墓参りを兼ねて旅をした。一泊二日で恵那峡のほとりに宿泊したが紅葉が綺麗な時期で温泉も食事も良かった思い出がある。新幹線で名古屋まで行き、小学生のとき以来の特急しなのに乗って中津川まで来た。小さい頃の記憶はもう不確かだが、恵那や中津川の街並みは記憶の中の風景と変わらなかった。
 天気予報は晴れだったが、中津川駅から苗木城まではずっと雨が降っていた。城を守る龍が現れるような天気となったが、雨に濡れた紅葉はとても美しい。苗木城の造形美にも感じ入ることが多かった。ここまで来ると外国人観光客もいないので静かに散策できる。城跡から見下ろす風景は見事だった。
 骨組みだけ復元された天守は斬新に感じた。まるで博物館にある恐竜の骨格のようで面白い。そそり立つ岩に石垣を継ぎ足して本丸を築いているのもまた見事だ。これだけの石垣を維持するのは大変だったろうと思う。遠山氏はたった1万石なので建物と石垣の修復に手が回らないのではないかと思いながら歩いていた。遠山氏は鎌倉時代からずっとこの土地から離れず明治維新まで先祖伝来の土地を守った。日本の歴史上でもこういった例は数えるほどしかいない。
JR中央本線「中津川」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・岐阜の山城ベスト50を歩く/サンライズ出版
2013/11/11