福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町松尾
築城者 福島正則
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 春日神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 大谷吉継陣所から山を下り中山道を越える。住宅地の中にある春日神社に福島正則陣所跡の石碑があった。中学生の頃に一度来ている。周りの風景がどうだったかはもう覚えていない。
 東軍の先鋒を務めた福島正則は西軍の副将宇喜多秀家に挑んだ。序盤は宇喜多軍に軽くあしらわれていたらしい。最後は数で勝る東軍が勝利を収めたが、正則自身はそれほど大きな働きはしていない。勇猛に戦った結果、豊臣家は天下を失ったが、正則は晩年までそれを気にかけていたようで酒量が増えたという。粗暴な逸話の多い人だが、大坂城の秀頼へ見舞いをしたり、八丈島の宇喜多秀家を気にかけたりと人間臭い逸話も伝わっている。大将の器ではないということは抜擢した秀吉もわかっていたように思う。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩20分
 
2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町