別 名 巨鹿城・牛屋城
所在地 岐阜県大垣市郭町
築城者 竹腰尚綱
築城年 明応9年(1500)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 大垣公園
遺 構 郭・石垣・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物 櫓・門
史跡指定 大垣市指定史跡
評 価
 大垣城は明応9年(1500)に竹腰尚綱が築いたとされるが異説もある。美濃の要衝だけに城主は目まぐるしく変わっている。豊臣秀吉は長久手の戦いで池田恒興が討死すると次男輝政を岐阜城に入れ、大垣城には古参の家臣一柳直末を入れた。
 慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで領地が予定戦場となった伊藤盛正は大垣城を石田三成に明け渡している。大垣城は三成の妹婿である福原直高が守ったが味方の裏切りで開城している。江戸時代は譜代大名の居城となりその大部分で戸田氏が城主を務めた。
水堀 柳口門 水の手門跡
天守 天守台の石垣 本丸跡の石垣
大洪水点の碑 丑寅櫓 戌亥櫓
 大垣城へは高校1年の秋に友人と一緒に訪れている。関ヶ原古戦場を訪ねる途中に立ち寄ったが、往路は懐かしい東京発大垣行きの夜行だった。昔は夜汽車の旅をよくしたが、今は夜汽車もほとんど姿を消してしまい寝台特急も1本しか残っていない。
 あれから長い歳月が過ぎて大垣城へ再び訪れた。やはり関ヶ原へ立ち寄るついでという扱いだが、実際に大垣城は本丸跡しか見るべきものはなく天守も太平洋戦争で焼けている。戦後に復元された天守は最上階のガラス窓がやたらと大きく目立っていたが、改修された天守は忠実な復元になった。戦火と戦後の復興により城下町はほとんど見るべきものがない。この日は雨が降っていたのであまりゆっくりすることもなく目的地の関ヶ原へと向っている。
JR東海道本線・樽見鉄道樽見線・養老鉄道養老線「大垣」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・城郭と城下町/小学館
1984/10/01・2012/03/09