別 名 長亭軒城
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町松尾
築城者 富島氏
築城年 応永年間(1394〜1428)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 関ケ原町指定史跡
評 価
 天下を決した裏切りで有名な小早川秀秋の陣所として知られる松尾山城だが、室町時代には既に山城が築かれていたという。美濃と近江の国境近くということもあり織田信長の家臣不破光治がこの城で浅井長政に備えたとされる。主君斎藤龍興の不興を買った竹中半兵衛重治がわずかな手勢で稲葉山城を奪取したあとに蓄電し、長亭軒と呼ばれた松尾山城のある山中で庵を結んで隠棲し、若き日の木下藤吉郎が半兵衛を家臣として迎えるために足繁くここへ通ったという逸話がある。
 慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは居城の大垣城を石田三成に明け渡した伊藤盛正が松尾山城を修築したが小早川秀秋の大軍がこの城を占拠してしまった。三成は松尾山城に毛利輝元を迎え入れるつもりだったというがその算段は脆くも崩れ去っている。
松尾山城 登山道から見上げる主郭跡 主郭跡の桝形虎口
主郭跡 小早川秀秋陣所跡の碑 主郭跡の土塁
主郭跡の桝形虎口 北郭跡 二の郭跡
馬出し跡の土塁 馬出し跡の虎口 土橋
腰郭 腰郭 関ヶ原古戦場を望む
 3月ともなれば春めいた日もあるだろうと長良川温泉に宿を取った。初日は関ヶ原で古戦場廻りを予定していたが久しぶりの関ヶ原は大雨に祟られた。駅前は30年前とそれほど変わらない。駅の近くで自転車を借りて雨に煙る古戦場を走った。関ヶ原駅近くの陣所はいいが西軍諸隊の陣所は丘や山中が多く大谷吉継陣所から脇坂安治陣所へ着いたときにはペダルが漕げない。坂道でもないのに自転車を押しながら松尾山の山麓まで来たが疲労困憊でずぶ濡れのベンチに座り込んだ。両足が攣ってとても山には登ることができない状態だったが、ここまで来て松尾山へ登らないのは後悔すると思い麓にあったトレッキングポールを借りて登り始めた。
 雨はまったく止む気配がなく霧も濃くなってくる。途中で小早川氏の旗が見えて喜んだのも束の間で山頂まで30分という道標である。途中で何度も泥だらけの地面に座り込み休憩を取る。周囲は霧で真っ白だったがそれでも諦める気持ちは湧いて来なかった。40分近く歩いただろうか少し傾斜がきつくなったところで山頂が見えた。全身ずぶ濡れの自分を見て合戦前夜に雨に打たれながら松尾山の小早川秀秋を訪ねた石田三成の姿を重ね合わせた。松尾山城は本格的な山城であり土塁も土橋も見事なものだった。特に主郭の桝形虎口を見たときは苦労が報われた感じがした。西軍はここに総大将の毛利輝元を迎えるはずだったというが長期戦になると考えてここまでしっかりと造り込んだと思う。まさか一日で終わる戦とは誰も考えていなかっただろう。このときには足の痛みも忘れており尾根から尾根まで歩き回っていた。麓へ下りたときに再び痛みと疲れが襲い掛かり切株に腰を下ろしてしばらく呆然としていた。
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩1時間30分
岐阜の山城ベスト50を歩く/サンライズ出版・中世城郭事典/新人物往来社
2012/03/09