別 名 霧ヶ城
所在地 岐阜県恵那市岩村町
築城者 遠山景朝
築城年 承久3年(1221)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物 藩主邸
史跡指定 岐阜県指定史跡
評 価
 鎌倉幕府創業の功臣加藤景廉の長男遠山景朝が築いた山城である。岩村城がよく知られるのは遠山景任の夫人が幼少の養子に代わり女城主として城兵たちの指揮を執ったことだろう。その夫人とは織田信長の叔母艶である。武田氏の猛将秋山信友が侵攻してくると艶は開城勧告を受け入れ和議の約定通り信友を夫とし、養子として迎えていた信長の実子勝長を甲斐へ送還した。天正3年(1575)に織田信忠が大軍を率いて美濃へ攻め入り岩村城は落城した。秋山信友と艶は助命を条件に降伏したが、信長の怒りは凄まじかったようで夫婦揃って逆磔にされた。その場所は長良川の河原とも信忠が陣を構えた大将陣とも言われている。艶は時代を経ても岩村城の象徴のように扱われており、女城主という銘柄の日本酒が売られている。
岩村城 岩村城と城下町 藩主邸
登山道 一の門跡 土岐門跡
三重櫓跡の石垣 追手門跡 井戸跡
八幡曲輪跡 本丸跡 本丸跡の六段壁
本丸長局埋門跡 本丸埋門跡 本丸跡の石垣
出丸跡 中世岩村城の堀切 岩村城からの眺望
 恵那旅行の初日は苗木城と恵那市街の散策で終わった。二日目は朝から露天風呂に浸かり恵那峡を眺めた。たっぷりの朝食をとり明知鉄道に乗り岩村城へ向かう。小学生の頃の自分は夏休みの1ヶ月を曾祖母が暮らす恵那で過ごしたが、その頃はまだ国鉄明知線だった。
 岩村駅から城跡までは岩村宿の古い街並みを歩く。藩主邸から山城へと登る途中の風景は言葉が見つからないほど美しい光景だった。紅葉の赤や橙に染まる石垣を眺めつつさらに歩いていく。視界が開けたところで六段壁の石垣が立ちふさがった。山城でこれだけの規模を誇る石垣を見たことがなかった。前日に訪れた苗木城の石垣も凄いと感じていたが、岩村城の石垣はそれを遥かに凌駕していた。本丸に着いてからはしばらくのんびりしていた。前日からの疲れもあったし岩村駅からここまでの道中も長かった。石垣に座り遠くを眺めるのは至福の時間だった。人もあまりいない中でゆったりと流れる悠久の時だった。
明知鉄道「岩村」下車 徒歩25分
岐阜の山城ベスト50を歩く/サンライズ出版・岩村城跡案内板
2013/11/12