福島城
 
別 名
所在地 岐阜県恵那市大井町
築城者 大井行秀
築城年 永享7年(1435)
廃城年 天正3年(1575)
現 状 大井小学校
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 仕事がひと段落したので有給休暇を取得して旅に出た。苗木城と岩村城が見たかったことと、恵那にある我が家の墓が今はどうなっているのか確かめたかったので行き先は恵那に決めた。
 朝から降ったり上がったりの雨は恵那へ着くと快晴になった。35年ぶりの恵那だが、不思議なもので菩提寺までの道は覚えていた。自分の家族もみんな亡くなり、寺の住職もずいぶん前に亡くなった。もう無縁仏になっているが、墓の場所はよく覚えていた。墓地の階段を上がるときに記憶が甦る。たしか8月だった。曾祖母と祖母、土岐に住んでいた叔父夫婦と一緒にこの階段を上がるときに青々とした空から突然に雨が降り出した。久しぶりに訪れて懐かしい風景が目に浮かぶ。もっと感傷的な気持ちになるかと思ったが、そんなことを思い出したぐらいで何も去来するものはなかった。
 大井城は大井小学校になっていた。石碑もなく遺構も失われている。小学校の下を流れる小川沿いに見るとその地形だけは今もそのまま保たれているように見える。
 撮影中に小学1年生ぐらいの男の子が校内から挨拶をしてきたので僕も挨拶を返した。屈託のない笑顔だった。暗い世相のため学校は近づきがたい場所となってしまったが、子どもは元気で可愛いと思った。大井小学校の子どもたちは伸び伸びと育っているのだろう。
 
JR中央本線・明知鉄道「恵那」下車 徒歩15分
 
2013/11/11 日本城郭大系/新人物往来社