別 名
所在地 岐阜県恵那市大井町
築城者 原秀行
築城年 永享7年(1435)
廃城年 天正3年(1575)
現 状 大井小学校
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 大井城は美濃守護の土岐氏が家臣の原秀行に築かせた城である。応仁の乱後の恵那郷は信濃守護の小笠原家長の支配下となったが、戦国時代半ばに小笠原氏の内紛を契機に遠山景任が進出し家臣の藤井宗常が大井城に入った。武田信玄が美濃へ侵攻すると秋山信友により攻略されている。信玄没後も武田氏の勢力下にあったが織田信忠が岩村城を攻略すると大井城も落城し廃城となった。
大井城跡の切岸 内城稲荷 鴨長明祠
大井宿 大井宿本陣跡 長国寺
 仕事がひと段落したので有給休暇を取得して旅に出た。苗木城と岩村城が見たかったことと我が家の墓が今はどうなっているのかを確かめたくて行き先はすんなりと恵那に決まった。名古屋駅からは小学生のときに乗車して以来の特急しなので恵那まで揺られた。
 朝から降ったり止んだりの雨は恵那へ着くと快晴になった。35年ぶりの恵那だったが不思議なもので長国寺までの道のりははっきりと覚えていた。自分の家族もみんな亡くなり寺の住職もずいぶん前に亡くなった。先々代ぐらいの住職が祖母の同級生で相当な豪傑だったという話を小さい頃に聞かされた。我が家の墓はもう無縁仏になっているが場所はよく覚えていた。墓地の階段を上がるときにいろいろな記憶が甦った。あれはたしか8月で曾祖母と祖母、土岐に住んでいた叔父夫婦と一緒にこの階段を上がるときに青々とした空から突然に雨が降り出した。久しぶりに訪れて懐かしい風景が目に浮かぶ。もっと感傷的な気持ちになるかと思ったが、そんなことを思い出したぐらいで胸に去来するものは何もなかった。
 大井城は大井小学校の敷地となり石碑もなく遺構も失われている。小学校の下を流れる小川沿いに見るとその地形だけは今もそのまま保たれているように見える。撮影中に小学1年生ぐらいの男の子が校内から挨拶をしてきたので僕も挨拶を返した。純粋無垢な屈託のない笑顔だった。暗い世相のため学校は近づきがたい場所となってしまったが子どもは元気で可愛いと思った。大井小学校の子どもたちは伸び伸びと育っているのだろう。城の遺構はなかったがとても良い気持ちにさせられた。
JR中央本線・明知鉄道「恵那」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社
2013/11/11