別 名
所在地 岐阜県恵那市大井町
築城者 藤井常守
築城年 戦国時代
廃城年 天正2年(1574)
現 状 農地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 恵那市指定史跡
評 価
 鷹撃谷城は戦国時代に遠山氏に仕えた藤井常守が築いたという。天正2年(1574)に武田氏の侵攻によって落城している。城跡にはなぜか大井城跡の標柱があり恵那市指定史跡となっているが、これは市役所の文化財課が鷹撃谷城と大井城を混同してしまったということである。
鷹撃谷城 土塁 出土した石
空堀 井戸 標柱
 恵那へ一泊旅行へ出かけた初日の午後3時過ぎに訪れた。この日の最後となった鷹撃谷城では楽しい時間が過ぎた。近くまで来ても案内標識があるわけでなく、付近は新興住宅地となっているため城跡がどこにあるかわかりづらい。台地の先端部ということを頭に入れてやっとの思いで探し出した。
 城跡は土塁と空堀が少しだけ残っているぐらいでほとんどが畑になっていた。農作業をしていた年配の男性に城跡で間違いないか尋ねたところとても歴史好きな人で嬉しそうにいろいろなことを教えてくれた。農作業の手をとめて雑草に埋もれた大井城跡の標柱と2つの井戸跡を見せてくれた。恵那市がここを大井城と勘違いして標柱を設置したらしい。実際の大井城は大井小学校の建つ場所であり鷹撃谷城は見張りの砦ということだった。畑の南側にある道は城があった時から存在しており大井城への近道となっていたという。このような伝承は地元の人、それもずっと土地で暮らした老人しかしらない。おかげで本当に楽しいひと時を過ごすことができた。埼玉県からこの城を訪ねてきたことを話すととても喜んでくれた。僕は愛知県出身だが岐阜県の血もかなり濃く流れているので同郷の人との会話は楽しく感じる。そう言えばこの旅で出会った人たちはみんな優しかった。
JR中央本線・明知鉄道「恵那」下車 徒歩20分
Webサイト/恵那市観光協会ホームページ
2013/11/11