別 名
所在地 岐阜県恵那市岩村町
築城者 織田信忠
築城年 天正3年(1575)
廃城年
現 状 大将陣公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 恵那市指定史跡
評 価
 天正3年(1575)に織田信忠が岩村城攻めの指揮を執った陣所である。岩村城を守った武田氏の重臣秋山虎繁は和議が成立したあとに欺かれて捕えられ夫人とともに逆磔にされている。虎繁の妻は織田信長の叔母にあたる艶という女性で最初は岩村城主遠山景任に嫁いだが、景任に先立たれて未亡人となっていたところに武田氏に侵攻され、そのまま艶は岩村城主となった虎繁の妻となった。信長は親類縁者に対しては比較的寛容な人だが敵に寝返った艶は許さなかった。処刑された場所は諸説あるが長良川河畔だったと伝わっている。
大将陣 標柱 郭跡
岩村城の碑 大将塚 大将陣から岩村城を見る
 岩村城を散策してから明知鉄道の時刻表に合わせるように大将陣へと歩いた。標柱と案内板があるが目ぼしい遺構は見当たらない。それでも綺麗な平場が見られ多少の起伏が見られる。陣所跡には処刑された虎繁夫婦と戦死した武田将兵たちを弔った大将塚がある。
明知鉄道「岩村」下車 徒歩20分
大将陣跡案内板
2013/11/12