別 名
所在地 岐阜県岐阜市鷺山
築城者 佐竹秀義
築城年 文治年間(1185〜90)
廃城年 弘治2年(1556)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 斎藤道三晩年の居城として知られる鷺山城だが、その歴史は古く鎌倉時代に美濃へ赴任した関東の佐竹氏が鷺山城を築いたという。後年に佐竹氏一族の城を訪ね歩いたときに美濃佐竹氏の歴史を知る機会を得た。ずっと時代が下ってから同じ源氏の血筋で美濃守護を務めた土岐氏の居城となったが、土岐頼芸が守護の座を手に入れるまでのくだりは国盗り物語でドラマチックに描かれている。自分が手掛けた作品である頼芸から国主の地位を奪った道三は嫡男義龍に家督を譲り鷺山城を隠居城とした。
鷺山城遠望 居館跡の土塁 案内板
登山道 腰郭 堀切
堀切 主郭跡 鷺山城から見る岐阜城
 国盗り物語を読んだことがある。そこに描かれる斎藤道三は魅力的な人物であり梟雄の異名がよく似合う。その波乱に富んだ生涯は道三一代の覇業ではなく、父子二代の事跡だったとされつつあるが、それはさておき晩年の蝮の隠居城を訪ねてみた。
 麓の団地に居館跡の土塁が残っていた。破壊される予定だったが大河ドラマでの人気沸騰で残されたという。鷺山城は標高86mの丘だから登るのに苦労はない。遺構は消滅していると聞いていたが、そんなこともなかった。土採りがされているのですべてを鵜呑みにはできないが、大まかな地形は残っている。それよりもここから稲葉山城を眺めてみたかった。道三は義龍の住む稲葉山城をどんな思いで見ていたのだろう。最愛の姫君を尾張のうつけ者へ送り出したときが道三のいちばん幸せな日々だったと思う。
JR東海道本線・高山本線「岐阜」下車 岐阜バス「岐阜大学病院」行で「さぎ山小学校北」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・鷺山城跡案内板
2012/03/10