別 名
所在地 岐阜県岐阜市加納丸之内
築城者 奥平信昌
築城年 慶長7年(1602)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 加納公園
遺 構 郭・石垣・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 関ヶ原の戦いで豊臣家から天下を奪った徳川家康は岐阜城に代わる美濃の要として新たに加納城を築いた。それ以前にも加納には城があったが土岐氏の衰亡とともに廃城となっている。斎藤道三と織田信長が居城としたあとの岐阜は10万石前後の大名の居城となり、織田秀信が石田三成に加担したため岐阜城は落城しそのまま廃城となったが、天守は加納城の御三階櫓として移築された。初代城主は10万石で入封した奥平信昌であり、その後は石高を減らしつつも親藩と譜代大名の居城となった。
堀跡 石垣 土塁
虎口 土塁 本丸跡
石垣 石垣 天守台跡
 早朝から鷺山城とその周辺に散らばる土岐氏の居館跡を訪ね歩き、午後は岐阜駅を挟んだ南側にある城館を訪ねた。川手城と上茜部城のように石碑だけが建っている城、船田城のような場所も定かでない城を訪ねたあとに見た加納城の石垣は充実感がまるで違う。
 近世城郭にはあまり興味はないが加納城の豪壮な石垣は見る者を安心させてくれる。典型的な天下普請の縄張で面白味には欠けるが、岐阜駅界隈は歴史こそ有名でも遺構の乏しい城が多いので、これだけの遺構を見ることができるのはありがたいと思った。
名鉄名古屋本線「加納」下車 徒歩10分
岐阜の山城ベスト50を歩く/サンライズ出版・加納城跡案内板
2012/03/10