福島城
 
別 名 宇留摩城・志水山霧ヶ城
所在地 岐阜県各務原市鵜沼南町
築城者 大沢利治
築城年 永享年間(1429〜40)
廃城年
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景
 
 犬山城の天守に上がると木曽川の向こうに鵜沼城が見えた。子どもの頃に読んだ太閤記に木下藤吉郎が鵜沼城を調略する場面がある。小男の藤吉郎が大男の大沢次郎左衛門を口八丁で降す場面である。次郎左衛門が過分な恩賞を求めたため信長は殺そうとするが、藤吉郎はありのままを告げて次郎左衛門をそっと逃がしてやる場面を覚えている。
 犬山城から鵜沼城へはとても近かった。僕が訪れた当時はまだ名鉄と車や人が犬山橋を渡る時代だった。新しい橋が完成した今は名鉄電車だけが犬山橋を通っている。城跡には旅館があったが廃業しており城跡は立入禁止になっている。遺構はもうないというが、とても登攀不可能な岩山が最大の遺構だろう。
 
名鉄各務原線「新鵜沼」下車 徒歩5分
 
2008/05/28 日本城郭大系/新人物往来社