福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町野上
築城者 徳川家康
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 山林
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
石碑
 
 本多忠勝陣所を出て徳川家康陣所へ歩き出したときには、それまでの疲労がかなり軽減していた。この日は朝から雨の関ヶ原をそれこそ東奔西走したのだが、松尾山へ向かうあたりから足が攣りはじめ、登り終えたときにはほとんど歩くことができなかった。しばらく休憩したあとに本多忠勝陣所へ重い足取りで向かったが、行程も最後に近づいたこともあって、気力が体力を上回ったようだった。
 桃配山は三度目だから迷うこともなかった。それまでまったく気づかなかったが、意外としっかりした陣場が構築されている。土塁や空堀が残されているのを見たときは少し感激した。これでこの日の行動予定が終了したという安堵感でしばらくのんびりしていた。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩40分
 
1984/10/01・2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町