福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原
築城者 井伊直政・松平忠吉
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 東首塚
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
石碑
 
 30年近い歳月の隔たりを経て関ヶ原を再訪した。大垣城では小雨だった空は関ヶ原に着いたときに強い雨脚となった。駅前は相変わらず閑散としていて風景は昔とほとんど変わらない。変に観光地化することなくこのままでいてほしいと思う。
 最初に訪れたのは関ヶ原駅から近い松平忠吉と井伊直政の陣所だった。初陣で気負う忠吉と後見役の直政はあわよくば抜け駆けしようと最前線に布陣し、福島正則の侍大将可児才蔵に叱責されている。結局は濃霧を幸いに福島隊を出し抜いて、西軍の首魁宇喜多秀家の軍勢との間で戦端を開いた。二人とも気負いすぎたのが災いし敵中突破を図る島津義弘を深追いしたときに銃弾に倒れた。このときの傷が悪化し直政も忠吉も早世している。陣所跡は同時に合戦後に敵味方の首を埋めて弔った首塚でもある。
 
JR東海道本線「関ケ原」下車 徒歩5分
 
2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町
戦国人名辞典/新人物往来社