福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原
築城者 田中吉政
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 東首塚から次に向かったのは田中吉政陣所だった。徳川家康が最後に陣所とした床几場として国の史跡になっている。その陰にひっそりと隠れるように田中吉政陣所跡の石碑があった。
 吉政は近江出身で士卒から叩き上げで大名になった苦労人である。石田三成とは同郷で他の武断派の武将たちとは違い、石田三成との関係はそれほど悪くなかった。吉政が仕えた豊臣秀次が切腹させられたときに特に処分がなかったのも三成の口添えがあったと思う。家康が三成の捜索を吉政に命じたのもそれと無縁ではないだろう。付け加えると吉政は築城や街づくりの名手でもあった。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩15分
 
2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町
戦国人名辞典/新人物往来社