福島城
 
別 名 徳川家康最後陣地
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原
築城者 徳川家康
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 公園
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
土塁
 
 関ヶ原の戦いは午後2時ぐらいに大勢が決したという。徳川家康は桃配山にあった陣所から戦場の中央に移動した。田中吉政が布陣した場所に床几を据え、戦勝を祝う東軍の武将たちに労いの声をかけたのが床几場である。枡形に囲む土塁は徳川軍が築いたものではなく、戦後にこの場所を神聖化した土地の領主竹中氏が築いた土塁である。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩15分
 
2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町