福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原
築城者 蒲生郷舎
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物 馬防柵
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 石田三成陣所を訪ねたときは雨は一段と激しさを増していた。ここへ来るのは3度目だが、当時はなかった島左近と蒲生郷舎の陣所跡の案内板が設置されていた。
 蒲生郷舎は蒲生氏郷に仕えた武勇の士だったが、蒲生家減封のときに石田家に招かれている。最近になってわかってきたのは、同じ経歴を持つ蒲生頼郷と郷舎の事跡が混同して伝わっていることである。小説では壮烈な最期を遂げる郷舎の姿が描かれているが、これは頼郷のことであり、郷舎自身は蒲生家へ帰参し三春1万5千石の城主となっている。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩40分
 
2012/03/09 蒲生郷舎陣所跡案内板