福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原
築城者 石田三成
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
石碑
 
 関ヶ原の戦い当日と同じような濃い霧の中を笹尾山に登った。東軍諸隊の陣所を廻り終えたあとは西軍の陣所廻りへ移る。ぽつんと建つ石碑との対話は僕にとっては贅沢な時間だった。中学生、高校生の頃にここを登った記憶が甦る。あの日と同じ木製の階段を踏みしめながら石碑と対面したときは少し感慨深いものがあった。
 石田三成の人物像についてはいろいろ言われているが、400年以上も前の人なので確かめる術はない。徳川家康を相手に天下分け目の戦いを仕掛けたことと合戦当日の石田軍の奮闘ぶりは後世まで語られている。行政官としては卓越した人であり、奸臣ではなかったというのが現在の評価だが、まったくその通りだと思う。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩40分
 
1984/10/01・2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町