福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原
築城者 小西行長
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 島津義弘陣所を訪ねたあとは朝鮮出兵の先陣を務めたキリシタン大名小西行長の陣所を目指した。はじめて来たときには行長の陣所を探すのに手間取った記憶があるが、今は公園になっているからすぐにわかった。歩いて見てわかるのは、東軍と西軍の陣地が至近距離に構築されていることだった。
 寄せ集めの西軍の中で小西行長の戦意は充実していたほうだと思う。6千の兵を率いて果敢に戦っている。敗戦後は伊吹山に逃れたが捕えられ石田三成らとともに斬首された。その死はローマにまで伝えられたという。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩30分
 
1984/10/01・2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町