別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原
築城者 小西行長
築城年 慶長5年(1600)
廃城年
現 状 公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 小西弥九郎行長は堺の豪商小西隆佐の次男として生まれた。若い頃に備前の宇喜多氏に出入りし宇喜多直家にその才能を見出されて武士になったという。関ヶ原で共に戦った宇喜多秀家とはこの頃からの旧知の仲でもある。やがて織田信長に仕えて中国地方で毛利氏と対峙していた羽柴秀吉の直臣となり水軍の将として活躍し摂津守に任官している。天正15年(1587)の九州平定の功により肥後半国を与えられ宇土城主となった。文禄元年(1592)の朝鮮出兵では同じ肥後半国を分け合った加藤清正とともに先鋒を務め平壌を攻略した。主戦論者の清正とは仲が悪く秀吉に無断で講和条約を結ぼうとして不興を買ったこともあった。この頃から石田三成と親しくしており秀吉没後は行動を共にしている。また熱心なキリスト教の信者であったことでも知られている。
開戦地跡 小西家の旗指物  
 島津義弘陣所を訪ねたあとは朝鮮出兵の先陣を務めたキリシタン大名小西行長の陣所を目指した。はじめて来たときには行長の陣所を探すのに手間取った記憶があるが今は公園になっているからすぐにわかった。歩いて見てわかるのは東軍と西軍の陣地がかなりの至近距離に構築されていることだった。
 寄せ集めの西軍の中で小西行長の戦意は充実していたほうだと思う。実際に6千の兵を率いて果敢に戦っている。敗戦後は伊吹山に逃れたがキリシタンのために自害することができずに捕えられ石田三成らと斬首された。その死は遠くローマにまで伝えられたという。
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩30分
関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町
1984/10/01・2012/03/09