福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原
築城者 宇喜多秀家
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 山林
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 小西行長陣所までは平坦な市街地が多かったが、西軍の副将宇喜多秀家の陣所は少し山に入った場所にあり熊注意の看板も建つ。中学生のときにここまでの道のりはとても長く感じた。吊り橋を渡った記憶があるが、思い違いかもしれない。
 宇喜多秀家は1万7千の大軍を率いていた。これは徳川家康に次いで多い。そのため事実上の大将でもあったし、何よりも全軍の戦意が充実していた。秀吉への恩返しと秀頼のためにという純粋な気持ちで戦う姿が清々しく感じられる。戦後、島津義弘に匿われたが捕えられて八丈島へ遠島となった。彼の地で秀家は関ヶ原で戦った武将の誰よりも長く生きている。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩30分
 
2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町
 
熊出没注意