福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原
築城者 島津義弘
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 神明神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 関ケ原町指定史跡
備 考
評 価
石碑
 
 石田三成陣所を訪ねたあとは薩摩の猛将島津義弘へ向かった。神社の敷地となったことで地形はそのまま保たれているように見える。鹿児島の人たちが建てたのか、島津義弘だけ立派な石碑が別に建っている。
 島津勢は千人を超えるぐらいの兵しか動員できなかった。そのため石田三成にも軽い扱いをされたことで戦闘意欲は低かった。日本最強かもしれないその軍団は最後まで戦いに加わることなく、味方の敗北後にはじめて動き出した。有名な島津の敵中突破である。このときに島津豊久や重臣たちが義弘の身代わりとなって討死している。豊久戦死の地である烏頭坂にも立ち寄ったが、彼の犠牲のおかげで島津氏は戦後も領地を削られることがなかった。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩30分
 
1984/10/01・2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町