福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町山中
築城者 大谷吉継
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 山林
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 雨の降りしきる中、市街地にある石碑廻りも終わり、宇喜多秀家陣所からは多少山登りらしくなってきた。東海自然歩道を歩いてゆくと大谷吉継陣所跡へ着いた。関ヶ原で戦った武将の中でも多くの日本人に愛されてきた人物である。その壮絶な最期は江戸時代の武士たちにも愛されたという。
 陣所から山道を歩くと大谷吉継の墓があり、寄り添うようにして湯浅五助の墓も建っている。自分の命と引き換えに吉継の首を守った忠義の武士だった。五助との約束を守り吉継の首の在り処を聞かれても口を閉ざした藤堂高刑もやはり武士らしいし、それを笑って受け流した徳川家康も度量が広いと思う。久しぶりに訪ねた吉継の墓の前に佇んだときはなぜだか涙が溢れてきた。その理由は今もわからない。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩45分
 
2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町
 
熊出没注意