福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町藤下
築城者 戸田重政・平塚為広
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
案内板
 
 大谷吉継陣所へ歩いている途中、その与力として奮戦した戸田重政と平塚為広が布陣した場所という案内板があった。ここで彼らは松尾山から雪崩のように押し寄せる小早川軍を相手に一度は押し返すほどの戦いをしている。ともに少禄だったが、大谷吉継も5万石ということを考えると晩年の秀吉は人を見る目が衰えていたと思えてくる。思いがけない案内板に出会えてとても嬉しかった。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩40分
 
2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町