福島城
 
別 名 丸山狼煙場
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原
築城者 黒田長政・竹中重門
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
石碑
 
 石田三成陣所から丸山狼煙場へ向かった。ここは高校生の頃に友人と一緒に一度訪れている。石碑を撮影していると地元の老人がこのあたりは熊が出ると教えてくれた。今は周辺も少しずつ切り拓かれて熊の心配はなさそうだった。
 戦場を見通せる小高い丘の上にあるので狼煙場と呼ばれるのがよくわかる。ここには人工的な平場がいくつも残っていた。何よりも歴史のドラマを感じる場所だと思う。秀吉の両翼と言われた黒田官兵衛と竹中半兵衛の息子たちが布陣した場所である。父親たちは秀吉の天下統一に貢献したが、息子たちは天下を徳川家康に渡すためにこの地に立っていたのだから本当に歴史は面白いと思える場所だった。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩30分
 
1984/10/01・2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町