福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原
築城者 生駒一正
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 金刀比羅神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
案内板
 
 丸山烽火場へ登る途中に古めかしい神社があった。案内板には生駒一正が布陣したことが記されている。昭和の頃に訪れたときにはこの案内板はなかったと思う。
 一正は豊臣家三中老の一人で讃岐高松17万石の領主生駒親正の嫡男である。父親は消極的ながらも西軍に加担し、息子は家臣の大半を率いて会津征伐に従軍しそのまま関ヶ原へ転戦した。父子で両軍に分かれ自家保存を図ったということで、真田氏や鍋島氏らもこの手を使い家の存続を図っている。ここから少しだけ登れば黒田長政の陣所へと着く。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩30分
 
2012/03/09 金刀比羅神社案内板