福島城
 
別 名
所在地 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原
築城者 本多忠勝
築城年 慶長5年(1600)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 公門第二公民館
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 藤堂高虎陣所から疲労困憊の気だるい体を引きずりつつ本多忠勝陣所へ着いた。高校生の頃に訪れたときは民家の裏に石碑があった。今は公民館脇の少し開けた場所に石碑がある。
 徳川家康と三河衆はあまり好きではないが、本多忠勝だけは例外で少年時代から好きな武将のひとりである。50回以上も戦場へ出てかすり傷ひとつ負わなかったというから先頭へ立って突撃するというより、巧みな采配で兵を動かしていた武将だと思う。忠勝については陣所跡だけでは物足りず、桑名城とその墓所も訪ねた。
 
JR東海道本線「関ヶ原」下車 徒歩15分
 
1984/10/01・2012/03/09 関ヶ原 名所・古跡/関ヶ原町