福島城
 
別 名 扇城・旭城
所在地 三重県桑名市吉之丸
築城者 伊藤実房
築城年 永正10年(1513)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 九華公園
遺 構 郭・石垣・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物 蟠龍櫓
史跡指定 三重県指定史跡
備 考
評 価
三の丸 石垣
三の丸 蟠龍櫓 三の丸 水堀 三の丸 石垣
二の丸 本丸 辰巳櫓跡 本丸 神戸櫓跡
本丸 天守台 本多忠勝像 浄土寺 本多忠勝墓碑
 
 例年、6月に入ると城館探訪は休止し、涼しくなる10月まで首を長くして待っているのだが、この年はなぜか思い切り遠くへと出かけてみたくなった。どこへ行こうか思案している時間は楽しい。さんざん迷った末に一度訪れてみたかった桑名城へ行くことにした。
 長島城に立ち寄ったあと桑名城までは歩いてみた。長良川と揖斐川に架かる伊勢大橋を歩いて渡るのは時間がかかる。細い歩道の脇を車が途切れることなく通過する。車道と歩道は完全に仕切られているが、川面からの高さがあるので下を見るのが怖かった。橋を渡り切り堤防をしばらく行くと蟠龍櫓が見えてきた。日差しは強かったが風があり気温ほど暑さは感じない。
 桑名城の石垣は明治時代に四日市の築港で徴発され、本丸周辺の石垣はほとんど残っていない。公園化による改変も多く、外郭の水堀も埋め立てられている。中心部は親水公園という雰囲気が濃かったが、三の丸の石垣は見事なものだった。二の丸から本丸へと歩いて天守台跡でしばらく休憩を取る。明治維新のときまでは水堀から石垣がそそり立っていたはずだが、それはもう遠い昔の話となった。
 大数珠を肩から下げた本多忠勝像はまさに猛将の姿だった。桑名駅へ戻る途中で名物の焼き蛤を食べようと思ったが、平日の午前中のためか店は閉まっていた。特に予定は決めていなかったので浄土寺に立ち寄り忠勝の墓へ寄ろうと考えた。改装されたばかりで真新しい本堂にはそれほど興味をひかれなかったが、墓地の端にある忠勝の墓は立派なものだった。江戸時代当時のものかどうかは知らない。境内には道案内もなく目立たない感じがしたが、歴戦の勇者が眠る場所にはそれが相応しい。
 
JR関西本線・近鉄名古屋線「桑名」下車 徒歩25分
 
2017/06/02 城郭と城下町/小学館
桑名城跡案内板