別 名
所在地 三重県桑名市長島町西外面
築城者 伊藤重晴
築城年 文明14年(1482)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 長島中部小学校
遺 構 石垣・水堀
移築建造物 大手門
再建建造物
史跡指定
評 価
 長島城は文明14年(1482)に伊藤重晴が築いたという。願証寺の一向衆門徒が伊藤氏を追い払い、伊勢における一向宗の拠点として織田信長と阿鼻叫喚の争いを繰り広げる舞台となった。長島城の戦いで信長は弟の信興や重臣氏家直元を失っている。天正2年(1574)に信長は九鬼水軍を動員して長島城に一揆衆を追い込み兵糧を断ち、包囲網を狭めて火を放ち城内の老若男女を皆殺しにした。
 一向一揆を壊滅させると滝川一益の居城となり、信長の死後は織田信雄の居城となった。近世の長島城は久松松平氏など親藩や譜代大名の居城として明治維新を迎えている。江戸時代を通して低い石高の大名が入封したため大規模な改修はされなかったという。
大手門 大手門 水堀
本丸跡の長島中部小学校 案内板 大手橋の石垣
 6月のはじめに連休を取得したので涼しくなるのを待たずに旅行へ出かけた。行き先は少し迷ったが伊勢に決めた。愛知県出身の自分だが三重県には何度か訪れているのにまったく記憶がない。暑さを考慮して名古屋からそれほど遠くない桑名を選んだが、桑名城だけでは寂しいので往路の新幹線の中で長島城へ立ち寄ることを決めた。織田信長を苦しめた一向一揆の拠点を見ておきたいという思いがあった。
 名古屋から亀山行きの関西本線で長島に着いたが、まるで埼玉県を走る八高線のような雰囲気だった。無人駅の長島駅から歩いて10分ほどで長島城へ着いたが、途中で蓮生寺に移築されている大手門を見た。江戸時代を通じて存続した長島城の大手門としては驚くぐらい小ぶりな門である。長島藩は小藩であり水害にも悩まされただろうから財力を注ぐことができなかったのだろう。
 水堀代わりの川沿いを歩き本丸跡の長島中部小学校へ着いたが、ここでは案内板に目を通しただけで大手橋に残る石垣を探し歩いた。いくつかの橋が架かっているために大手橋がどれかわからなかったが、適当な場所で川岸に下り遊歩道を歩くと石垣が見つかった。橋を架けるときに改修を受けているのだろうが、隅部の石垣は往時のまま使われている。貴重な長島城の遺構である石垣だがあまり存在が知られていない。信長相手に徹底抗戦を選んで玉砕した悲劇の城だが、今では静かな住宅街が広がり多くの老若男女が炎に包まれた修羅場だったことが想像できない。曇っていた空は次第に青空が広がり、方角の見当をつけて次の目的地である桑名城へと歩いた。
JR関西本線「長島」下車 徒歩10分
城郭と城下町/小学館・長島城跡案内板
2017/06/02