別 名 今浜城
所在地 滋賀県長浜市大島町
築城者 羽柴秀吉
築城年 天正元年(1573)
廃城年 元和元年(1615)
現 状 豊公園
遺 構 水堀
移築建造物
再建建造物 天守
史跡指定 長浜市指定史跡
評 価
 古くは佐々木道誉が築いた今浜城があった。天正元年(1573)に浅井氏討伐の功を賞された羽柴秀吉が織田信長から拝領したのが今浜である。秀吉は築城の名手として名を馳せたが、最初に築いたのが長浜城とその城下町だった。大喜びしながら寧々にその構想を語った姿が目に浮かぶようである。この頃に加藤清正や石田三成らの豊臣家を支えた家臣団が出来上がった。秀吉得意絶頂の日々であり、小説を読んでいてもこの頃の秀吉がいちばん魅力に富んでいる。
 秀吉は中国平定のために姫路城を拠点としたが、長浜城は依然その居城として留守を寧々が守っていた。清州会議で長浜城は柴田勝豊の居城となるが、勝豊は叔父柴田勝家と折り合いが悪く秀吉に調略された。賤ヶ岳の戦いで勝家を滅ぼした秀吉は古参の山内一豊を長浜城主としているが、愛着のある長浜城を任せた一豊に対する信頼の高さが感じられる。大坂の陣で豊臣家が滅ぶと長浜城は廃城となり建物は彦根城の築城により持ち去られた。
外堀 大通寺の移築大手門 大通寺
豊公園 模擬天守 太閤井戸
本丸跡 本丸跡の出土石垣 琵琶湖の夕景
 長浜城へは二度訪れている。二度目は長浜のホテルに泊まったこともあって毎日いろいろな発見があった。復興天守以外は何もないだろうと思っていたが、街を散歩していると外堀や移築された大手門が残り楽しい時間を過ごせた。
 豊臣秀吉の出世物語の序章を彩る城なので一度は訪ねてみたかった。訪れたのはいずれも師走で風がとても冷たい。はじめて訪れたときは夕暮れ時で琵琶湖に映える夕陽が美しいと思った。再建天守はそんなに悪くないと思う。犬山城に破風をつけたようなかたちだが、多少なりとも個性を感じる意匠だと思う。長浜駅から宿泊したホテルへ向かう道筋に大通寺があり移築された長浜城の大手門を見た。境内には戦国時代の天守を思わせるような望楼があるが移築建築ではなさそうだった。静かな長浜の街並みは古い雰囲気が大切にされている。夕暮れ時の城跡に打ち寄せる波が夕陽に染まる風景は息を飲むほど美しかった。
JR北陸本線「長浜」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・長浜城跡案内板
2012/12/06・2017/12/05