別 名
所在地 滋賀県大津市浜大津
築城者 浅野長政
築城年 天正14年(1586)
廃城年 慶長6年(1601)
現 状 公園
遺 構 石垣・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 明智光秀を討ち天下統一への道を猛進する秀吉は、坂本城に代わる水城として大津城の築城を浅野長政に命じた。豊臣秀次が失脚した後は京極高次が城主となり八幡山城に代わり琵琶湖の港を抑える役割を任された。高次の妹竜子は秀吉の側室となっているので一門に準じた扱いを受けていたと思う。関ヶ原の戦いで西軍に呼応した高次だが、東軍に変節し大津城で籠城の支度を整えた。
 大坂と美濃の間にある大津城が東軍側になったのは石田三成にとっても大誤算であり、実際に立花宗茂と毛利元康の軍勢が大津城で足止めを食っている。9月14日に大津城は開城したが戦意盛んな立花宗茂らは関ヶ原の本戦に間に合わなかった。この功によって高次は若狭で2万5千石の加増を受けたが激戦の代償としては少ない加増だと思う。
本丸跡 復元図 外堀跡の石垣
中堀跡 外堀跡 外堀跡
 大津には二十歳のときに一度訪れている。その頃はまだ琵琶湖に面した船着き場に石碑があったが、久しぶりに訪れた大津の街並みは様変わりしていて石碑も湖畔から遠く離れた公園の一角に移されていた。もしかすると石碑の位置はそれほど変わらずに埋め立てで湖岸だけが遠のいた結果かもしれない。
 昭和の時代までは石垣が残っていたというが、今ではその痕跡を見つけることすら難しくなった。曳山展示館の駐車場にある石垣は高さ2mを超える立派なものだが、積み方は落とし積みでとても戦国時代にまで遡る石垣には見えなかった。北西に残る水堀は復元図と現在の地図を重ね合わせて丹念に探し歩いたものであり概ね間違いないと思う。
京阪石山坂本線「浜大津」下車 徒歩0分
日本城郭大系/新人物往来社・近江の山城ベスト50/サンライズ出版
2000/02/12・2017/12/06