福島城
 
別 名
所在地 滋賀県大津市浜大津
築城者 浅野長政
築城年 天正14年(1586)
廃城年 慶長6年(1601)
現 状 公園
遺 構 石垣・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
外堀
石碑 外堀 外堀 石垣
 
 大津には二十歳ぐらいのときにも一度訪れている。その頃はまだ琵琶湖に面した船着き場に石碑があったが、久しぶりに訪れた大津の街並みは様変わりしていて、石碑も湖畔から遠く離れた公園の一角に移されていた。もしかすると石碑の位置はそれほど変わらずに埋め立てで湖岸だけが遠のいた結果かもしれない。
 昭和の時代までは石垣が残っていたというが、今はその痕跡を見つけることすら難しくなった。曳山展示館の駐車場にある石垣は高さ2mを超えるものだが、どう見ても戦国時代にまで遡る石垣には見えなかった。北西に残る水堀は復元図と現在の地図を重ね合わせて丹念に歩いて探したもので概ね間違いないと思う。
 
京阪石山坂本線「浜大津」下車 徒歩0分
 
2000/02/12・2017/12/06 日本城郭大系/新人物往来社
近江の山城ベスト50/サンライズ出版