福島城
 
別 名 勢多城
所在地 滋賀県大津市瀬田
築城者 山岡資広
築城年 永享年間(1429〜41)
廃城年 天正11年(1583)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 琵琶湖の美しい風景が好きなので近江には何度か訪れている。瀬田の唐橋を渡り瀬田城に着いたのは冬の夕暮れ時だった。小雪がちらつく寒い日だったことをよく覚えている。瀬田川沿いに歩くと俵藤太百足退治の碑があった。俵藤太と呼ばれた藤原秀郷は関東の人だから親しみがある。まさかこんなに遠くで秀郷と出会うとは思わなかったが、秀郷の末裔に蒲生氏郷がいるので所縁の地でもある。
 当時の瀬田城は臨江庵となっていた。膳所藩の別邸が置かれた場所で山岡同族会が建てた石碑があった。遺構は失われてはいたものの雰囲気はとても良かった。本能寺の変のときに山岡景隆が唐橋を焼いて明智光秀の進軍を阻んでいる。このことは山崎の戦いで羽柴秀吉が勝利した遠因となった。小さな城だが歴史の上で果たした役割は大きい。
 時代の流れは残酷である。風光明媚な瀬田城は高層マンションが建設されていた。僕が訪ねた頃の美しい風景は遠い過去となった。近江は良い意味で時代の波に取り残され、昔の風景がたくさん残っていたが、それも今の人たちに消されていくのが悲しく思う。
 
京阪石山坂本線「唐橋前」下車 徒歩10分
 
2000/02/12 日本城郭大系/新人物往来社