別 名 志賀城
所在地 滋賀県大津市南滋賀町
築城者 森可成
築城年 元亀元年(1570)
廃城年 元亀3年(1572)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 自身を裏切り朝倉義景と結んだ浅井長政と対峙した織田信長が森可成に築かせたのが宇佐山城である。この時期の信長は人生の中でも最も窮地に立たされていた。西では本願寺が決起し北と東は上杉と武田の脅威があったが、その背後で糸を引いていたのは足利義昭である。築城から間もない宇佐山城に南進してきた浅井と朝倉の軍勢が迫ると森可成は30倍の敵を迎え撃ち一度は勝利したが、延暦寺の僧兵が敵に加勢したことで可成らは討死した。信長は直ちに摂津から撤兵し宇佐山城へ駆けつけたが、それを見た浅井と朝倉の兵たちは延暦寺へ逃げ込んだ。重臣たちを失った信長の怒りはこの翌年の比叡山焼き討ちへと繋がる。
宇佐山城跡 宇佐八幡宮の参道 宇佐八幡宮
登山道の標識 堀切 三の丸跡の土橋
三の丸跡 三の丸跡から比叡山を見る 本丸跡
本丸跡の石垣 本丸跡の石垣 本丸跡
二の丸跡 二の丸跡の石垣 宇佐山城から望む琵琶湖
 二泊三日で近江を旅した。最初は賤ヶ岳と玄蕃尾城を予定していたが北近江は降雪が予想されたために断念し、南近江を中心として計画を練り直した。宇佐山城については当初から予定通りであり、最終日に大津市の城を訪ねて京都から新幹線で帰る計画だった。
 この旅で出会った素晴らしい山城と比較すれば宇佐山城は少し見劣りがすると思うが、森可成が好きな僕にとっては憧れの城だった。二日目はあまり眠れなくて体調が一息だったが、三日日は前日に12時間ほど眠りホテルの朝食もしっかりと食べて万全で出かけられた。午前中に膳所城と大津城を訪れたあとにいよいよ宇佐山城へと向かう。
 宇佐八幡宮から宇佐山城への道は少しだけわかりづらい。山道に入ってしばらくは曖昧な道が続くが、途中から道は明確になり地元の小学生が作製した道標が気持ちを和らげてくれた。熊はいないと思うが猪が出そうな山だった。それほど急な傾斜もなく15分足らずで最初の平場へ着いてから堀切まではすぐだった。
 見上げると石垣が見え隠れしている。これを見るために関東からやって来たから気分が高まった。三の郭跡からは琵琶湖と比叡山がとても綺麗に見える。宇佐山城を守った森可成はこの風景を楽しむゆとりはなかっただろう。麓に浅井と朝倉の軍勢がひしめき比叡山の僧兵もそれに加担していたのだから。城跡からは比叡山が間近に見えるが、これだけ至近距離で敵と対峙するのは相当に神経をすり減らしたことと思う。
 主郭はNHKのアンテナ基地が建設され破壊されている。石垣を見るために斜面を這って下ったが、石垣の見栄えがする場所は倒木で惨憺たる状態であった。古城らしい荒涼感も捨てがたいがもう少し文化財を大切に扱っても良いと思う。宇佐山城は3年程しか使用されていない陣城であるが緊張感がよく伝わる。二の郭の石垣を見終えてから主郭へと戻って水を飲む。これだけの達成感は久しぶりだった。このまま帰るつもりでいたが気持ちが高ぶっていたのだろう。京都とは反対方向の坂本城へと向かっていた。
京阪石山坂本線「近江神宮前」下車 徒歩50分
日本城郭大系/新人物往来社・近江の山城ベスト50/サンライズ出版
2017/12/06