別 名
所在地 滋賀県大津市下阪本
築城者 明智光秀
築城年 元亀2年(1571)
廃城年 天正14年(1586)
現 状 宅地
遺 構 石垣・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 比叡山を焼き討ちにした織田信長は、延暦寺の監視と琵琶湖の西側を支配するための拠点として明智光秀に坂本城の築城を命じた。はじめて城持ちとなる光秀は欣喜雀躍でこの城の縄張りに取り掛かったことと思う。湖面に石垣を浸した水城は壮麗なものだったという。光秀にとってはこの頃が得意絶頂だったと思う。流浪の身だった自分をここまで引き立ててくれた信長の恩に報いることだけを考えていたことだろう。
 天正10年(1582)に光秀は本能寺を襲い信長を弑逆した。根回しもない突発的な行動だったようで頼みにした細川藤孝や筒井順慶も味方につかず、常識を覆す速度で進撃してきた羽柴秀吉に敗れた光秀は小栗栖の竹藪で落ち武者狩りの手にかかり落命した。秀吉が大津城の築城を家臣に命じたことで坂本城は廃城となった。
城址碑 外堀跡 本丸跡
本丸跡 湖底の石垣 明智塚
 明智光秀が丹精込めて築いた坂本城はもう何も残っていない。琵琶湖の渇水期に湖底に残る石垣が顔を覗かせるぐらいである。織田信長を弑逆したことで大罪人となったことで居城までが跡形もなくなっている。謀反人の城というイメージは当時も良くなかったと思う。山崎の戦いから4年後に大津城が築かれて石垣は持ち去られ、いつしか城跡は田畑となり土に還った。
 その壮麗さを謳われた坂本城の遺構を少しでも探ろうと思ったが、外堀跡の細い水路ぐらいしか見つけられず、湖底に沈む石垣を眺める程度に終わった。もちろんそれは最初から予想していたので落胆することもない。冬の午後に少し日が傾きかけた坂本城の本丸に立ってみた。後世に積まれた石垣が少しだけ往時の姿を想起させてくれた。穏やかな琵琶湖の湖面に青々とした空が映り時が静かに流れている。
京阪石山坂本線「松ノ馬場」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・近江の山城ベスト50/サンライズ出版
2017/12/06